このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

  • 【 診察・相談のご予約 】 電話受付 / 9:00~18:00 (土曜日は16:00までです。)
  • 096-383-0011 [休診日] 木・日・祝 ※完全予約制/臨時休診あり
  • メールでお問い合わせ

よくあるご質問

FAQ

ありよし歯科に関するご質問よくお寄せいただくご質問をQ&A方式でご紹介いたします。

営業時間は何時までですか?

午前中が9:00~13:00、午後は14:00~18:00です。
休診日は、日曜、祝日、第2・4木曜になります。
※年末年始・夏期休暇・学会出席などで臨時休診や診療時間が変更になる場合があります。来院前にご確認ください。

予約なしで診察はうけられませんか?

当院は基本的には完全予約制ですが、痛みがひどい場合や、どうしてもすぐに診察をご希望の場合は、キャンセル等で空きがあればできる限り対応させていただいております。
その場合はご来院前にその旨をお電話にてお伝えください。

できるだけすぐ診てもらいたいのですが大丈夫ですか?

当院は、予約制となっております。お電話を頂いた時にご予約にキャンセルがあれば診させていただくことは出来ますが、どうしてもすぐには、拝見する事ができない時もあります。
もちろん、急に痛み出して今すぐにでも治療を受けたい場合もあると思いますので、このような場合はまずお電話にてご相談下さい。

診療前に相談だけできますか?

相談は、現状を把握しなければ正確なお答えができないため、事前にレントゲン写真や歯周病検査等の検査結果が必要になります。
ですので、初回で必要な検査をした後に、相談をお受けできます。

審美歯科に関するご質問よくお寄せいただくご質問をQ&A方式でご紹介いたします。

審美歯科ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。
審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。
「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。
審美歯科と、美容歯科とは、異なります。
美しさの為なら多くの犠牲を払っても良いとは、考えません。
患者さんの年齢、生活環境、予算など考え、将来に渡ってのお口の健康アドバイスの中での審美歯科治療をご提案します。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美歯科治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。
しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。

今までの治療法のデメリットについて教えてください。

今までの治療では、ほんの少しの虫歯であっても、上から銀色の詰め物をかぶせる為に、かなりの部分を削らなければなりませんでした。
しかも、歯と詰め物との間には、100ミクロン程度の継ぎ目が出来ます。その部分を接着剤で埋める訳ですが、その接着剤も唾液によって7~10年で溶けてしまい、そこから細菌が入り込み(細菌の大きさは8ミクロン程度)、2次的な虫歯へと繋がってしまうのです。
また、見た目にも、銀色の歯はあまり美しいとは言えません。 先進諸国の中では、未だに歯に金属を用いているのは、日本くらいのものです。

オールセラミッククラウンについて教えてください。

内面に金属を使用せず、セラミックのみで欠けた歯や削った後の歯を修復する、審美性に優れた歯冠修復法です。
中に金属を使用しないので、より自然歯に近い透明感を得られます。また、金属アレルギーの方にも安心です。
セラミックですので強度にも優れ、また、プラスチックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。

ラミネートベニアについて教えてください。

歯の表面を少しだけ削り、変色してしまった歯や隙間の開いた歯を美しく修復する方法です。
比較的簡単な治療で済むので患者さまの負担も軽く、生まれつき歯の色が悪くホワイトニングでは効果が得られない方などにもオススメです。

メタルボンドブリッジについて教えてください。

材質に陶材を使用しており、色調も豊富で、歯の先端の透明感なども再現できます。
プラスチックに比べ強度に優れ、主にブリッジに使用します。表面の変色もありません。
プラークが付着しにくく、歯ぐきの健康が保てます。

フッ素について教えてください。

フッ素(元素記号F)は、塩素などと同じハロゲン元素の1つです。化合力が非常に強く、土や水、植物、動物、もちろん人間の体にも、フッ素は含まれています。
私たちは、毎日の食べ物からフッ素を取り入れています。フッ素は、人間の体、とくに歯や骨を丈夫にする有益元素です。
しかし、食べ物や飲み物から取る量では、虫歯を 予防するのに必要な量が不足しがちです。そこで、何らかの方法で、フッ素を補う必要があるのです。

磁性アタッチメントについて教えてください。

磁性アタッチメントとは、磁石の吸引力を利用して、義歯を安定させ、維持させる方法です。

磁性アタッチメントの仕組みにについて教えてください。

残っている歯に、根面板という板状の磁性金属を取り付けます。
この磁性金属が、義歯の磁石と引き合う仕組みです。

MI(ミニマルインターベーション)について教えてください。

虫歯になった部分を最小限の範囲で削り、そこに特殊なプラスティックを流し込み接着する、審美性に優れた治療法です。

MI(ミニマルインターベーション)のメリットについて教えてください。

新しい接着法、審美性プラスティックの開発により、歯との継ぎ目を殆どなくし、2次的な虫歯の発生を抑える事ができます。
歯を削る量が、従来の半分以下で済みます。
審美性に優れ、美しい口元を保つことができます。
従来の審美歯科治療に比べ、かなりの低価格。ハイブリッドインレーでは5万円以上かかっていたものが2万円~と、従来の半額以下で治療できます。
金属アレルギーの方にも安心です。

ビルドアップ法について教えてください。

歯を削らずに、審美修復ができます。
歯の色に合った強化プラスティックを歯に盛りつけて行く方法です。

メラニン色素除去について教えてください。

たばこのヤニなどで黒ずんでしまった歯ぐき。
その原因は、メラニン色素の沈着によるものです。
メラニン色素除去を行うことで、歯ぐきを健康な色に戻すことができます。

toggle navigation