このウェブサイトのすべての機能をご利用いただくためには、ブラウザの設定によりJavaScript機能を有効にする必要があります。
お使いのブラウザでJavaScriptを有効にする方法 " をご確認いただき、JavaScriptを有効に設定してからご覧ください。

  • 【 診察・相談のご予約 】 電話受付 / 9:00~18:00 (土曜日は16:00までです。)
  • 096-383-0011 [休診日] 木・日・祝 ※完全予約制/臨時休診あり
  • メールでお問い合わせ

オールセラミッククラウン

ALL CERAMIC CROWN

オールセラミッククラウンオールセラミッククラウンについてご案内します。

オールセラミッククラウンとは?

オールセラミッククラウンとは、内面に金属を使用せず、セラミック(陶器)のみで欠けた歯や削った後の歯を修復する審美性に優れた歯冠修復法です。
セラミック(陶器)は強度にも優れ、また、プラスチックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。
中に金属を使用しないので、より自然歯に近い透明感を得られます。また、金属アレルギーの方にも安心です。

オールセラミッククラウンの特徴こんな方へオススメです。

天然の歯のように透明性のある美しい仕上がりになる。

前歯部分の差し歯の場合、保険診療では金属にプラスチックをコーティングしたものを使用することがほとんどです。しかしながらプラスチックは透明感が無く、人口の歯だと分かりやすい難点があります。
セラミッククラウンは透明感が自然の歯に近く、色調を細かく調節することができます。また劣化がほとんどなく、汚れも付きにくいため治療時の美しさを長く保つことが可能です。

歯の色や白さを思い通りにでき、治療後の変色も少ない。

保険適用のプラスチックは黄ばみやすく、金属部分は劣化により溶け出して歯茎を黒く変色させます(メタルタトゥーと呼ばれます)し、銀歯も時間とともに腐食が進みます。しかし、セラミックには経年劣化はほとんどありません。

金属を使用しないため、金属アレルギーを起こすことがない。

セラミックは人間の身体に対して優しい素材(生体適合性の高い素材)で、人工関節など医療分野でも活用されています。 金属のクラウンは腐食によって溶け出した成分が体に吸収され他の身体トラブルの原因となります。

歯肉となじみやすく、周辺の歯肉に悪影響を及ぼすことがない。

セラミックは人間の身体に対して優しい素材(生体適合性の高い素材)で、人工関節など医療分野でも活用されています。 見た目には分かりませんが、セラミックとプラスチックでは素材の粒子の大きさが異なり、プラスチックは歯茎に刺激を与え、赤い腫れなどを引き起こす場合があります。

審美歯科症例 No.2幅広い審美歯科治療に対応しております。

  • 治療前 Before

    治療前 Before

  • 治療後 After

    治療後 After

審美歯科症例 No.1幅広い審美歯科治療に対応しております。

  • 治療前 Before

    治療前 Before

  • 治療後 After

    治療後 After

toggle navigation